2012年3月アーカイブ

りんりんロード

もう春の彼岸も過ぎたというのに、寒い日が続きますね。

今日は久しぶりに、自転車の話です。


ちょっと前の話になりますが、前々からやってみたかった

「つくばりんりんロード」の往復に挑戦してきました。


「つくばりんりんロード」は、JR水戸線の岩瀬駅とJR常磐線の土浦駅をつなぐ、

片道40kmのサイクリングロードです。

以前は 筑波鉄道が走っていましたが、1987年(昭和62年)に廃線となり、

その跡地が自転車道として整備されました。


岩瀬-土浦をつなぐ道路は、筑波山を迂回しているとはいえ

けっこうアップダウンのあるルートなのですが、

「つくばりんりんロード」のほうは、元々鉄道が走っていただけあって平坦で、

私のような軟弱な自転車乗りにも挑戦しやすいコースなのです。


朝10時頃に始点の岩瀬駅を出発し、筑波山を左手に仰ぎ見ながら快調に飛ばします。

土浦までの40kmを、ほとんど休憩もしないで、約1時間半で走破。

なーんだ、大したことないじゃん、この調子なら あと100kmだって走れそうだ と、

余裕綽々で 吉野家の牛丼食った、帰り道。

やっぱりというか、そらみたことかというか、初心者ならではの落とし穴が待っていました・・・
 

blog-cycle013a.jpg

  

往路ではまったく気付かなかったのですが、復路は 完全な向かい風

さっきまであんなに軽かったペダルが、ブレーキでもきいてるかのように重いこと、重いこと。

スピードメーターを見ても、往路の半分も出ていません。


何回も休憩をとりながら、3時間近くかけて岩瀬に戻ったころには、

ひざはガクガク、肩もパンパンで、自転車によりかからないと 立っていられない状態でした。


後で聞いたのですが、平坦に見える道も 岩瀬から土浦に向かってなだらかに下っているのだそうで。

blog-cycle013b.jpg

しかもこの時季は 当然のように北風ですから、

行きはよいよい帰りは怖い のは、しごく当然だったのです。


それでも、結局 この日は走行距離 96km、

それなりに達成感もありましたし、

次回への目標もできました。


暖かくなってくると、いろいろなサイクリングイベントの

開催が予定されています。

これまではちょっとためらいがありましたが、

今年はぜひ参加してみたいと思っています。


今は、室内練習用に購入したローラー台で、

無駄のないペダリングを研究する毎日。

なんだか、外に出るのが億劫になってきたような。

宗利 尚史

  

マックにする

すみません、今日のお昼ごはんの話ではないです。

私が始めてiMac購入に踏み切った瞬間の一言です。

1999年以来、製品の自由度が多少低くても、ちょっとばかり値段が高くても、

『雅』をはじめとする、すばらしいアプリケーションが動作しなくても、

自宅では ずっと、Macを使っています。


Macって、あんまりソフトないんでしょ? 

どんなソフト使って何してんの? 

とよく聞かれます。


「普通にネットとかやってます」と答えると、高確率で

「じゃ、Macでなくたっていいんじゃん(笑)」 と返ってきます。

おっしゃる通りです(笑)。


デザインがいい? それも理由の一つです。

なんかオシャレ? 我が家は生活感溢れる環境なのでそこはあんまり…

最初からソフトいっぱいついてるの? むしろ、ほとんど入っていないです。

ジョブズ伝記読んだ? 買ってもいないです。


具体的にいいところを挙げるのは、難しいのです。

ホント、ちょっとした部分で感心するので。


例えば、日本語入力の切替は スペースキーの左(Windowsで言う無変換キー)を押すと英数に、

スペースキーの右(同じく変換キー)を押すと日本語に変わります。

Windowsの日本語入力設定を変えて実際にやってみるとわかりますが、

半角/全角を一つのキーで切り替えるよりもずっと使い勝手がいいんです。

未確定のひらがなを全角ひらがなにするには、Ctrlキーを押しながら「J」です。

一見、意味不明な設定ですが、MacのCtrlキーは左のShiftキーの上にあるので、

左手の小指でそれを押しつつ、右手の中指でJを押す、

つまりタイピングのホームポジションをキープしたまま打てるのです。


ノートパソコンのタッチパッドは、二本指で操作すれば 上下左右にスクロールしますし、

新しいOSでは 三本以上でのマルチタッチにも対応し、さらに感覚的に操作できます。

マウスに多数のボタンを配置して ショートカットとするのとは、また別な切り口の利便性。

そういったところに、ハードからソフトまで全て自社で開発、製造するメーカーの強みを感じるのです。


今、Macのソフトを買うにはお店に行く必要がありません。

最新のOSですら、iPhoneでアプリを買うように、「iTunesでポチってそのままインストール」です。


Macのデザインはいいんだけど、Windowsが使えないと困る!という方。

あくまで自己責任ではありますが、MacにはWindowsをインストールして使うことも可能です。

もちろん、WindowsのOSは別に買わなければなりませんし、ソフトの動作も保証の対象外となります。

『雅』用としての導入も不可能ではないですが、

さすがにそれは『雅』代理店の社員という立場から、思いとどまるよう説得しますけど。


というわけで、iPad3の発表を間近に控えて ノリにノッている今のAppleも 勿論大好きですが、

もっと好きなのは、倒産寸前から立ち直ろうとした時期のAppleです。

Appleは、会社が最も危ない時に、史上最も美しいコンピュータ、初代 iMac を発表しました。

この時、既に華麗なる復活は 9割方成功していたのではないか? と思うのです 。

進藤 幹人

blog-sid027.jpg