2013年7月アーカイブ

あなたの○○○○を軽くします

「あなたのパソコンを軽くします」


こういった表示をネット上で見かけることがあります。

無料で診断してくれるとあるし、少しでもサクサク動いてくれるようになるならもうけもの、

ダメモトでちょっとやってみようかな… なんて思うこと、ありますよね。


でもちょっと待ってください。 そんなうまい話があるんでしょうか?

結果的に軽くなるのはパソコンでなく預金残高だった、という笑えないお話も実際にあるのです。


近頃、よくいただくお問い合わせの中に、

勝手にウィンドウが開いてしまい 閉じることができない、

閉じても閉じても勝手にまた開くし、パソコンにエラーがたくさんあると表示される、

といったたぐいのものが急増しています。


これらはアドウェア(マルウェア)と呼ばれるもので、

広告を表示して課金に誘導することを目的としたものです。


単なる広告であればよいのですが、

前述のとおり強制的に全面に出てくるために本来の作業の妨げになったり、

場合によってはアダルト広告が出てくるために、まともにパソコンを使えない

といった事態を引き起こします。


その上で、「今なら特別価格で」といった謳い文句で、それほど高額でない金額を振り込めば、

(ここがこういった手口の嫌らしいところです)

それらの問題を解決できます と手を差し伸べるわけです。


自分で火をつけておいて、消火活動は格安にて承りますと言っているようなもので、

かなりふざけたお話です。


パソコンがこのような状態になった場合、絶対にお金を支払って解決しようとしないでください。

一度払ったら、彼らにとってあなたは


「パソコンに疎くて、トラブルはすぐにお金で解決しようとするとてもいいお客さん」


にされてしまいます。

今回の事態が収まったとしても、繰り返し同じような手口で攻撃されるでしょう。


これらはウィルスではありません。

パソコンの機能の一つを悪用した営業活動です。

ゆえに、ウィルス対策ソフトでは基本的に防ぐことはできません


実に厄介なことに、被害を被るきっかけは何気ないことです。

音楽や動画を無料でダウンロードするサイトを検索したりといった行為はとても危険です。

それ以外でも、使い勝手がいいと評判のフリーソフトをインストールしたことはありませんか? 

そのソフト自体は無害でも、インストールの途中で見落としやすいところに

「○○を無料でインストールする」

といった項目にチェックマークが入っていたりすることがあります。


PDFファイルを閲覧するソフト「Adobe Reader」を公式サイトからダウンロードする時でさえ、

うっかりすると「Googleのツールバー」や「Google Chrome」というネットブラウザが

インストールされてしまいます。

他にも「Java」というツールを案内のままアップデートしたら、

いつの間にか「McAfee」というセキュリティソフトがインストールされて、

既存のセキュリティソフトとかち合って、パソコンが重くなったりすることも…


ネットはとても便利で、欲しいものが比較的簡単に入手できます。

その反面、あちこちに落とし穴地雷が仕掛けられていることも事実なのです。


インターネットを見たとき、上の方に見慣れない表示はありませんか? 

ウィンドウの上に受話器を持った人物の写真はありませんか? 

近頃 異様にパソコンの動作が重くなったりしたことは?


しかし、本当に恐ろしいのは、表立った被害がないまま、密かにあなたの情報や財産の一部が

顔も知らない誰かのところに流れているということなのですが…

進藤 幹人

blog-sid043.jpg