2013年10月アーカイブ

文豪への道

半年近く前のお話ですが、私、個人的に 「お墓物語」 という作文コンテスト※ に応募致しました。

決して副賞の3万円分の商品券につられたわけではなく、

当ブログにて皆様から温かいご指導をいただいている文章の持つ力を外でも試してみたい、

そして あわよくば、副賞の3万円分商品券で、

Nintendo 3DS LLモンスターハンター4 をセットで購入し、

日々狩りの道に精進していらっしゃる石材関係者の皆様と、新たな繋がりを持とうと思った次第です。


あの進藤(笑)が応募したのはどんな作品だろうかと ご興味を抱かれる篤志家のために、

今回特別に全文を公開したいと思います。

(非常に短いのでご安心ください。 応募条件で800文字前後という条件がありましたので・・・)

 

blog-sid045.jpg

  

日本人なら誰もが知る、あの名作と一瞬見紛うばかりの書き出し。

死者という視点からお墓というものを通じて、

死者と生者それぞれ行く末を見つめるという 私なりのお墓観を綴ってみました。

さらに終わり方もあの名作と同じ、あたたかみのあるものにしました。


ちなみに、応募の際のペンネームは 「糠目 竿石(ぬかめ かんせき)」でした。


※ 先日、石材新聞紙において結果発表がありました。

全文掲載してあるということで 私の応募の結果はお察しください・・・

 

進藤 幹人