これはわからない...

この季節になると必ず言っていますが、1年なんてあっという間ですね。
 
今年も押し詰まってまいりました。
 
 
さて、先日、平塚市の湘南造園(株)様に伺ったとき、
 
『雅』オペレーターの齋藤さんから 「どうです?」と、
 
こんな画像を見せていただきました。
 
 
blog-mi022a.jpg
 
どうって、お墓のデザインのこと? それとも墓所の大きさかなと
 
よく見ると、あれ? わかりますか。
 
これ、『雅』で作成した合成CGだったんです。
 
 
元の写真はこれ。
 
blog-mi022b.jpg
 
写真とCG(コンピューターグラフィックス)の合成は
 
設計した墓石の大きさを周囲と比較するのに非常に有効な手段ですが、
 
自然の光とコンピューターで作る光には大きな違いがあるので
 
よく見れば 明らかに合成したものとわかってしまうものです。
 
 
でも、この合成画像は言われないとほとんどわからないくらい自然ですよね。
 
 
齋藤さんはもともと、画像処理に長けている方なので
 
いろいろ時間と手間をかけて作成されたのかと思いましたが、
 
今回は『雅』の「背景合成」機能だけで作成されたとのこと。
 
もちろん、元画像の写真の撮り方も上手なんでしょうけど…。
 
 
これは『雅』の宣伝になる!と、齋藤さんに許可をいただいて
 
画像をいただいてまいりました。
 
 
ご協力、ありがとうございます!
 
宗利 尚史