イヤフォン

お久しぶりです、進藤です。
 
 
3000円以上のイヤフォンは意味がない。
 
そう考えていた時期が私にもありました。
 
 
その考えに縛られたまま、私は有線無線の様々なイヤフォンを購入しては
 
趣味の深夜徘徊…
 
もといウォーキングのお供にしていました。
 
 
有線は振り向いたりする動作をするたび、
 
コードが服に引っかかって外れたり、
 
耳の中を引っ張られるよう、な独特の不快な体験をすることがままあります。
 
 
いっそ全く服を着ないでウォーキングするくらい振り切れれば
 
新しい世界も開けるかもしれませんが、
 
健康のためのウォーキングが原因で風邪をひいては元も子もありません。
 
(職務質問待ったなし)
 
 
それなら無線にすればいいじゃない、という当然の流れに従い
 
ネットショッピングで3000円以下の無線式イヤフォンを購入。
 
コードの摩擦から開放されて完璧じゃないか! と、思ったのもつかの間、
 
音がしょっちゅう途切れるのです。
 
 
ちょっと腕の振りを大きくすると 右だけ聞こえなくなったり、
 
いい感じの心拍数になったところで 両方途切れてしまったり。
 
これも服が影響しているかもしれないので、
 
全く服を着ないで使用すれば 新たな世界が開けるかもしれませんが、
 
反射材などがないと夜道は危険なので、思い切ることができません。
 
 
あっ、肌に直接反射材をテープで貼り付ければ…(サイコパス的発想)
 
 
このへんでようやく気がついたのですが、
 
私は既にイヤフォンに対して結構な投資をしていました。
 
そしてそのどれにも満足することはなかったのです。
 
 
さんざん悩んだ末、私は Apple の AirPods を購入しました。
 
税込みで2万円弱の品物です。
 
 
パッケージを開けて30秒後に口をついて出た言葉は
 
「最初からこれ買っときゃよかった…」
 
 
個人的には、全ての iPhone ユーザーにお勧めしたいです。
 
iPhoneX を iPhone8 にしてストレージの容量を落としてでも
 
2万円浮かせてセット購入する価値があると思います。
 
 
今年新型が出るという話もありますが、
 
待たずに購入して正解だったと思っています。
 
 
安物買いのなんとやら。
 
とは言っても、同じような性能でより安いものを選択すること自体は
 
案外楽しいものです。
 
 
性能やデザインを見比べて、どこを妥協するか、
 
よりよいもの安いものを探すのは、それ自体が趣味や娯楽の範疇だと思います。
 
 
それを前提としてなお、価格から品物を選んでいた顧客を納得させる高額商品。
 
これは私達も、日々の仕事で追求すべき命題なのかもしれません。
 
 
自分の耳に 3000円以上のイヤフォンは、
 
過ぎた贅沢であるという思いは変わりませんが、
 
2万円弱(税込18,144円)の AirPods の使い勝手は最高です。
 
 
ケースのフタを閉めたときの音ですら気持ちのいいこのアイテムは
 
長い期間にわたって価格以上の満足をもたらしてくれるでしょう。
 
 
…うっかり無くさなければ、ですが。
 
 
blog-sid074.jpg
 
進藤 幹人